ごあいさつ

アクセス/地図

編集室

料金表

映画製作のご案内

リクルート情報

企画展のお知らせ







 

 
夜半に目が覚めたら、雨が降っていました。
何時くらいかわからなかったのですが、真っ暗な部屋でじっと雨の音を聞いていました。
自宅の屋根を打つ音、隣家の屋根を打つ音、庭先の木々の葉を打つ音。
雨の音にもいろんな音色があることに気がつきました。
耳をすましていると雨樋を流れる音や、窓を打つ雨音。
そして、遠くの道を走る車の飛沫の音。
雨の夜にはこんなにも様々な雨音が聞こえてくるんです。
しばらくそんな雨音の饗宴を楽しんでいると、ついこないだまでの寒さがいないことに気がつきました。ぶるっと震えるような寒気が感じられないのです。
そうか、こうやって雨が降って、少しずつ春になるんだなと思い出しました。
一歩一歩、春がそこまでやってきているようです。  

   


リクリ   鈴木ゆたか